2× 4材でおしゃれな壁掛けテレビ台を DIYしよう!

テレビを壁掛けにすると、部屋がすっきりしますよね。

壁掛けにぴったりな棚が見つからなければ、DIYで作ってみてはいかがでしょうか。

「作るのが大変そう……」「難しくて、失敗しそう……」と心配になる人もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、2×4材とラブリコというアジャスターで作る方法です。

材料をそろえて、テレビ壁掛け用の金具を取り付けるだけで完成です。

今回は、壁掛けテレビのDIY方法を紹介していきます。

想像以上に簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね!

壁掛けテレビをDIYするのに必要な材料

DIYをするひと

壁掛けテレビに必要な材料は次の4つです。

  • 2×4材
  • ラブリコ
  • 壁掛けテレビ用金具
  • ドライバー

2×4材

まずは柱となる2×4材を2本用意しましょう。

ホームセンターで購入できます。

柱の長さは「床から天井までの高さ−95mm」です。

多くの場合は、木材カットをする必要が出てくるでしょう。

木材カットが必要な場合は、ホームセンターの木材カットサービスを利用してください。

自分でも木材カットはできますが、おすすめできません。

DIY初心者さんが、のこぎりで木材をまっすぐにカットするのは、大変難しいからです。

もし柱がゆがんでしまうと、アジャスターが不安定になり、倒れてくる危険性もあります。

柱となる2×4材はホームセンターでカットしてもらいましょう。

ラブリコ

ラブリコとは柱を上下に突っ張り、支柱を作るためのアジャスターです。

ホームセンターやネットショッピングで購入できます。

ラブリコを2個用意します。

色は5種類ありますので、お好みに合わせてどうぞ。

壁掛けテレビ用金具

柱とテレビをつなぎ止めるための、壁掛けテレビ用金具を用意します。

ホームセンターやネットショッピングで購入可能です。

説明書通りに作業すれば、簡単に取り付けができます。

金具は上下左右に画面が動かせるものや、角度が固定されたものがありますので、お好みに合わせて選んでみてください。

注意点は、あらかじめテレビが金具に適合するかチェックしておくこと。

テレビの型番と、金具が適合する型番を照らし合わせてみましょう。

多くの場合は説明書やホームページに記載されています。

適合するかどうかわからなければ、金具のメーカーに問い合わせてくださいね。

壁掛けテレビの作り方

壁掛けテレビ

2×4材にラブリコをつけて、柱を作ります。

2本の2×4材の上下にラブリコをはめ、柱を作ります。

まずは柱を設置位置まで持っていきましょう。

設置位置が決まったらラブリコ上部のネジを回して、柱を突っ張らせます。

2本の柱の距離は、金具がネジ止めできる長さです。

このとき、遠くから見て2本の柱が並行になっているかを目視しましょう。

ブラケットを取り付けます。

テレビの裏側に、ブラケットをネジで取り付けていきます。(メーカーによってはブラケットではなく、ハンガーやフックと呼ぶ商品もあります)

ブラケットは購入した金具に含まれています。

説明書に従って、取り付けてください。

付属のネジが合わない場合は、別途購入しましょう。

柱に金具を取り付けます。

柱に金具を設置する場所を決めます。

テレビが見やすい位置に来るよう、柱に金具を取り付けていきましょう。

その際水平器を使って、金具が床と平行になるようにしてください。

テレビを金具に取り付けます。

最後はテレビを金具に取り付けたら完成です。

テレビのサイズによっては、二人で取り付けた方がよいでしょう。

取り付け方は金具によって違いますので、説明書を確認してくださいね。

壁掛けテレビのメリット

DIYでテレビを壁掛けにするメリットはたくさんあります。

  • 転倒防止
  • 掃除が楽
  • 部屋が広く使える
  • 賃貸でも可

転倒防止

壁掛けにすることで、テレビが倒れにくくなります。

ラブリコで柱を突っ張らせてテレビを壁掛けにしているため、台の上に置くよりも転倒しにくくなるのです。

近年地震の多い日本。少しでも怪我のリスクは抑えたいですよね。

転倒防止にもなる壁掛けテレビは、安全面でも大きなメリットがあります。

掃除が楽

壁掛けテレビにすると、掃除が楽になります。

テレビを浮かせることで下に空間ができ、掃除機が届きやすくなるからです。

テレビ台があると細かいところに掃除機がかけられず、テレビの後ろのほこりもたまりやすくなりますよね。

手が届きにくいところの掃除は、やりにくいと感じることはありませんか?

壁掛けにしてしまえば掃除機がけが楽になるので、掃除のストレスはなくなります。

部屋が広く使える

テレビを壁掛けにすることで、部屋が広く使えるようになります。

テレビ台の分がフリースペースになるので、すっきりとしたインテリアにもなります。

部屋が広く使えると、家事の動線もよくなります。

結果、家事がしやすくなるので、ストレスも減るというメリットがあります。

賃貸でも可

壁に穴を開けないので、賃貸住宅でもDIYが可能です。

壁に傷がつかないと、原状回復も簡単になります。

引っ越しの際はテレビを取り外し、金具と柱を解体するだけでOK。

ラブリコなら、賃貸住宅でも壁を傷つけずにDIYができます。

まとめ

2×4材とラブリコを使った壁掛けテレビのDIYを紹介しました。

一人で作業するのが大変な場合は、二人で作業するとキレイに仕上がります。

斜めになっていないかのチェックや、テレビを持ち上げるときも手伝ってくれる人がいるとDIYがしやすくなります。

アレンジには棚の取り付けや、配線を隠すための板を貼ることも可能です。

壁掛けテレビのDIY、ぜひご家庭で楽しんでみませんか?

\よろしければポチッと応援お願いします/

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

アートコラム「DECOROO」(デコルー) - にほんブログ村