簡単DIYで収納棚を自作しよう!おしゃれで丈夫なラックの作り方をご紹介

あなたの家に合った棚を手作りしてみませんか?

「DIYで収納棚を作りたいけれど、どのように作ったらよいかわからない」

「おしゃれで丈夫な棚の作り方を知りたい」

そんなお悩みはありませんか?

2×4材とディアウォールやラブリコなどのアジャスターを使えば、簡単に棚が作れます。

今回は収納棚の作り方から、棚のアレンジ方法まで紹介します。

この記事を読んで、あなたもDIYを楽しんでみてくださいね。

収納棚のDIYには2×4材を使おう

2×4材とは住宅の柱などに使われる木材です。

ホームセンターで、手軽に購入できます。

DIYで収納棚を作るなら、2×4材を使うとよいでしょう。

2×4材をおすすめする理由は、4つあります。

強度があり軽い

2×4材は強度があります。

2×4材は38mm×89mmの厚みがあるので、どんなに力を入れても折れることはまずありません。

しかし重量は軽いので、女性の力でも簡単に作業ができます。

強くて軽いという特性を持つ2×4材は、DIYで棚を作るのに最適な素材です。

初心者でも簡単にDIYができる

2×4材は柔らかい素材なので、加工が楽です。

ノコギリを使って、簡単にカットできます。

大手ホームセンターでは木材カットサービスがあるので、希望の長さに切ってもらえます。

切るのが面倒なときや、木材が多くて大変なときは、木材カットサービスを利用してもいいですね。

加工がしやすい2×4材は、DIY初心者向けの材料と言えるでしょう。

材料費が安い

2×4材は規格化されており、大量生産が可能なので、安く購入できます。

購入場所にもよりますが、8フィート(2438mm)/1本で300円程度です。

よほど大きな棚でなければ、柱は2本あれば収納棚は作れます。

棚板や他の材料を含めても、数千円程度ですむのでリーズナブル。

材料費を安くすませるためにも、2×4材でのDIYがおすすめです。

原状回復ができる

2×4材とアジャスターで作った棚は、壁に穴を開けないので原状回復が可能です。

賃貸住宅の場合や、家に傷をつけたくない場合には最適です。

棚が不要になった場合でも簡単に解体ができるので、処分にも困りません。

収納棚の作り方

基本的な収納棚の作成手順を紹介します。

設計する

最初に、どのような棚を作りたいかを設計します。

作りたい棚のデザインを紙に書くと、イメージがしやすくなります。

初心者で設計が難しい場合は、「2×4 DIY 棚」などのキーワードで、インターネットを使って検索してみましょう。

さまざまなDIY方法が見つかりますので、参考にしてみてください。

形が決まったら、パーツの寸法を決めます。

メジャーやさしがねを使って、できるだけ慎重に測りましょう。

短すぎたり長すぎたりすると、設計した形に仕上りません。

DIYなので完ぺきな精度は必要ありませんが、ていねいに測ることを心がけてくださいね。

材料を用意する

設計ができたら、材料を用意します。

ほとんどの材料はホームセンターでそろいます。

必要なものはメモをして、買い忘れのないようにしましょう。

木材、棚受けの金具、ネジ、ペンキ、紙やすり、アジャスターなどが必要です。

木材カットを希望する場合は、寸法も忘れずにメモをしておきましょう。

お店によっては木材カットが有料の場合もありますので、事前にチェックすることをおすすめします。

木材にやすりをかける

木材の表面を滑らかにしたり、塗装の発色をよくしたりするためにやすりがけをします。

紙やすりは塗装のノリがよくなる、ほどよい番手を選びましょう。

おすすめは#280~#400程度です。

荒すぎてもざらざら感が残りますし、細かすぎるとやすりがけに時間がかかりすぎてしまいます。

木材のやすりがけをすると細かい木の粉が飛ぶので、保護用のゴーグル、軍手、マスク(全て100均やホームセンターで購入できます)をして、必ず屋外で行いましょう。

ニスやペンキで色をつける

木材に塗装していきます。

塗装材にはニスやペンキ、ワックスやオイルなどがあります。

ホームセンターにはさまざまな種類が販売されていますので、お好みのものを選んでください。

どれを選んだらよいかわからない場合は、店員さんに相談するとよいでしょう。

作るもの、好みの質感、色などを伝えれば、最適な塗装材を選んでくれます。

組み立てる

最後は組み立てです。

塗装がすんだら、棚板やアジャスターを取り付けていきます。

棚板を取り付ける場所には印をつけておくとよいでしょう。

あらかじめドリルで下穴を開けておくと、ネジ止めをする際にズレにくくなりますよ。

棚板の取り付けが終わったら、棚柱の上下にアジャスターをはめます。

設置場所で棚を固定させたら完成です!

DIY収納棚のアレンジ方法

収納棚を作った後に「なんだか殺風景になってしまったな……」と思ったときは、思い切ってアレンジしてみましょう。

フェイクグリーンを飾る

100均やホームセンターには、さまざまなフェイクグリーンが売られています。

グリーンを巻きつけるだけでも、おしゃれに変身します。

フェイクなのでお手入れが不要なのもうれしいですね。

ほこりがついたら、はたきでささっと掃除すればOKです。

リメイクシートを貼る

リメイクシートを貼って、アクセントをつけます。

塗料を用意しなくても、貼るだけなので簡単です。

おすすめは棚板などの一部分だけに使うこと。

シンプルでもハッと目をひく仕上がりになります。

まとめ

2×4材とアジャスターを使った、簡単DIYを紹介しました。

DIYというと難しそうに見えますが、使いやすい材料を選べば簡単に棚が作れます。

DIYのいいところは世界に一つだけの、あなただけのものができあがること。

ぜひあなたの好みに合った収納棚を作ってみてくださいね。

\よろしければポチッと応援お願いします/

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

アートコラム「DECOROO」(デコルー) - にほんブログ村