飲食店に絵画を飾る時のポイント、選び方

飲食店にとってお客さんに選んでもらえるような、おしゃれな店内づくりも重要な仕事の一つです。

他店との差別化にもなりますし、また来たいと思ってもらえればリピート客になり、売上にも繋がります。

飲食店のなかには、おしゃれなインテリアとして「絵画」を飾りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

でも飲食店のどこに飾ればいいの?そもそも絵の選び方や、メンテナンスなど知らないこともたくさんあるはずです。

飲食店で絵画を飾る時のポイントについて、解説していきたいと思います。

飲食店に絵画を飾るメリットはたくさんある

カフェで微笑む女性

冒頭でも簡単に説明しましたが、飲食店で絵画を飾るのはたくさんのメリットがあります。

実際に店内の雰囲気を大切にしているお店の多くは、絵画を飾りおしゃれにしているところもたくさんあります。

まずはメリットについて説明したいと思います。

お客さんとの会話が自然と弾む

お店の雰囲気によっても違いますが、殺風景なままの壁と、素敵な絵が飾ってある壁どちらに魅力を感じますか。

お客さんにとってもそのまま広い壁が続いていると、寒々しい印象になってしまい、どんなに温かみのある接客をしていても、満足してもらえないことも。

絵には、人を自然と惹きつける魅力のようなものがあります。

小さな絵でも飾るだけでその場がぱっと華やかになったような、良い雰囲気が作れることも。

お客さんのなかには気に入った絵があると、頻繁に足を運んでくれるなんてこともあります。

お客さんとの会話楽しめるような距離の近い飲食店ならなおさら、絵を飾ることで会話にもなりお店の印象をよくしてくれるはずですよ。

待ち時間にもお客さんに負担をかけない

飲食店にとってメニューを受けてから料理を提供するまでの待ち時間に、いかにリラックスして過ごしてもらえるかも重要なポイントになります。

料理のメニューによっては、提供までに時間がかかることもありますし、混雑している時間帯などは、どんなに気をつけていてもおまたせしてしまうこともあります。

そんなとき、席のよこに素敵な絵が飾ってあったらどうでしょうか。

自然と目が留まっているうちに料理が届くのが理想だと思いませんか。

待ち時間をいかに快適に過ごしてもらうのかを考えたときに、絵を飾るのはおすすめです。

他店との差別化になる

飲食店にとって他店との差別化は大きな問題でもあります。

飲食店の数も多く、それぞれのお店で思考を凝らした料理やサービスを展開しています。

新規のお客さんに足を運んでもらうことも重要ですが、何度も足を運んでくれるリピーターのお客様の存在も重要です。

いかに他店とは違うのかをお客様に伝える意味でも、絵を飾るのは大きなメリットになります。

印象的なデザインであれば「あの絵があるお店だね!」と認識してもらいやすくなります。

他店との差別化をどうするべきか迷っている飲食店にもおすすめです。

飲食店に飾る絵の選び方のポイント

飲食店に飾ってある絵

飲食店に飾る絵はどんなものにするべきか、迷っている人も多いと思います。

必ずしもこんな絵にしなくてはいけないなどの決まりもありませんし、店長さん(オーナーさん)が好きな絵を飾るのがいいと思います。

選び方のポイントについて解説します。

お店の雰囲気にあった絵を選ぶ

飲食店に飾る絵を選ぶときは、そのお店のモチーフや雰囲気にあった絵を選ぶと自然と馴染みます。

例えば洋風のカフェであれば、絵のテイストも絵画の有名な作品のほうが相性も良くなります。

モネの絵は風景を描いたものが多いので、飲食店などでよく見かけます。

宗教的な要因の強い絵になると、どうしても見る人の印象によって変わってしまいます。

お店はどんなテイストにしているのか、またお客さんからどう思ってほしいのかを考えたうえで、絵を選ぶと失敗しづらくなります。

食欲を増進させる色彩の絵を選ぶ

食欲は、色彩に大きな影響を受けることは知っていますか。

お店に飾る絵も色彩を意識するだけで、追加注文がもらえるかもしれません。

一般的に暖色系(赤・オレンジ)などは、食欲を増進させる色としても知られています。

これらの色はお肉などと同じ色ですし、美味しいものを連想させる色でもあります。

果物でも赤やオレンジを使ったものが多いので、人間持っている食べ物の色のイメージに近いのだと思います。

逆に寒色系(青など)は、食べ物では見かけない色です。

そのため、食欲を減退させるとも言われています。

リラックス効果は期待できますが、飲食店向けではないかもしれません。

風水を意識した絵を選ぶ

飲食店のなかには、売上UPのために風水を意識している人も多いと思います。

なかには“方角なんて対して気にならない”なんて人もいるかもしれません。

でもせっかく絵を飾るのであれば、風水的にみたときにいい方が嬉しいはずです。

もともとのお店の位置や造りによっても風水はある程度決まってしまいます。

でも絵ならどうでしょうか。飾るものや方角を変えるだけでも、風水を意識できます。

方角ごとに覚えておいてほしいのが、東西南北でそれぞれ合うと言われている色が違うことです。

例えば東は緑系の色、西は金色、南は赤色、北は青(水色)のものを飾ると運気が上がると考えられています。

お店の運気を高めるためにも、風水を意識してみてはいかがでしょうか。

飲食店で絵を飾るときはどこがいいの?

コーヒーが置かれたカフェの机

絵のテイストが決まったら、次にお店のどこに絵を飾るかも重要になってきます。

飾る場所ごとの注意点についても、ご紹介したいと思います。

客席のすぐ近く

お客さんに絵を気付いてもらい、お店をおしゃれ空間にするためにも客席付近に絵を飾りたい人も多いと思います。

何もない壁よりも、ちょっと絵が飾ってあるだけでも、一気に空間が華やぐのでおすすめです。

サイズの大きな絵を飾るときは一点だけにして、全体のバランスを意識するようにしましょう。

それぞれの客席に絵を飾りたいのであれば、小さな絵を飾るなど、どんな飾り方をしたいのかによって選ぶといいと思います。

客席に飾る場合、外の直射日光が当たらない場所を選ぶようにしてください。

絵は高温多湿の環境に弱いので、飾る位置によっては劣化が早くなってしまいます。

トイレ

お客さんにとってもリラックスできるトイレに絵を飾るのもおすすめです。

トイレはほっと一息つける場所でもあり、お店の印象を決める重要なポイントです。

トイレの管理が行き届き、おしゃれな空間だと女性ウケも良くなります。

その反面、トイレが汚いと「もう来たくないな」と思われる原因になることも。

おしゃれな人気店はトイレにもこだわっているところが多いと思いませんか。

トイレに飾る絵もリラックスできる優しいテイストのものを選ぶようにします。

トイレをきれいにすることはおもてなしの心でもありますよ。

まとめ

飲食店にとっても、どんな絵を飾ればいいのか迷う人も多いはずです。

お店の印象を左右してしまいますし、来ていただくお客さんの層によっても絵の印象が変わります。

無難に選ぶのであれば風景画のほうが万人受けしますし、ちょっと個性的な絵を飾るのもおすすめです。

見る人によってイメージの変わるデザインだと「この絵にはどんな意味があるのかな?」と考えてくれるかも。

また、お店に飾った絵はホコリのたまらないようにきれいにするのはもちろん、色あせなどの劣化をそのままにしないように、気をつけてください。




\よろしければポチッと応援お願いします/

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

アートコラム「DECOROO」(デコルー) - にほんブログ村